自動車任意保険 110番

等級制度

自動車任意保険の基礎知識

等級とは、自動車任意保険を契約する時に、ドライバーの過去の事故暦に応じて保険料が、割り増しや割り引きされる制度です。

等級の正式名称はノンフリート等級といい、自動車の所有台数が9台以下の場合に適応されます。

等級は各保険会社によって、内容に多少の差がありますが、基本的に数字が小さいほど割増率が大きく、数字が大きいほど割引率が大きくなります。

この等級には、1から20まで級があり、基本的に、保険加入期間中に1年間事故がないと等級が1級増え、事故を起すと等級が3級下がる事になります。

ずっと無事故の場合、最終的には最高の20等級になり、長期有料割引の対象になる事が出来ます。一般的に、初めて自動車任意保険に加入した時は、等級が6等級かたスタートし、割引率は10%になります。

もしも、事故や違反で等級が1等級まで下がると、割り増し率が60%以上になってしまい、保険契約の内容のも制約がかけられる場合が多いです。

等級が1級になると保険会社によっては、今後保険契約を打ち切られる場合もあります。

事故を起すと、一般に等級は3級ずつ下がり、自然災害や盗難で保険を適用した場合は、等級は変化しない事になっています。

つまり、等級が下がるかどうかは、保険を適用したかどうかで決まるので、軽度の事故であれば保険を適用せずに修理した方が、等級に影響をされることがないので、長期的にみると割安になります。

カニ通販