自動車任意保険 110番

対物賠償保険

自動車任意保険の補償の種類

自動車任意保険の対物賠償責任は、事故を起こした過失の度合いで、補償内容が決定されます。

対物賠償保険は、自賠責保険が適用されない事以外は、保険内容は対人賠償保険とほとんど同じです。

対物賠償保険は、ドライバーが無免許や、飲酒運転で他人の所有物を破壊してしまった場合であっても適用されます。

また、店舗や商店に車で突っ込んでしまい、店舗の壁だけでなく商品を破壊してしまっても、対物賠償保険が適用され、損失を補償してくれます。

この場合、事故で店が破壊され、営業困難になった場合の休業損失も、対物賠償保険で補償することが出来ます。ただ、対物賠償保険は他人の所有物を破壊した場合に適用され、自分の所有物を破壊した場合の修復や、補償は適用されません。

また、家族の所有物を破壊た場合も、対物賠償保険は適用されません。対物賠償保険は、他人の所有物に対する賠償金に対して適用されるので、車だけでなく、生き物ではありますが、ペットも対物賠償保険の適用範囲にみなされます。

また、歩行中のペットを誤ってはねてしまった場合にも、対物賠償保険が適用する事が出来ます。

もしも、車で店舗に突っ込んだ場合、休業損失も含めると賠償金額は1億円を超す事もあります。

また、車同士の事故でも、高級車では1000万以上の賠償金が請求される事がほとんどです。事故を起こさないように、安全運転するのが一番ですが、万が一に備え、車を運転するのであれば対物賠償保険に加入しましょう。