自動車任意保険 110番

搭乗者傷害補償保険

自動車任意保険の補償の種類

搭乗者傷害保険とは、事故を起こした車の同乗者に対して適用される保険です。対人賠償保険で適用されないドライバー自身や、助手席等に同乗していた家族も保険の対象になる事ができます。

搭乗者傷害保険は、ドライバーには適用しないと勘違いされがちですが、車に搭乗している人は全て保険の適用範囲になります。

搭乗者傷害保険は、相手の賠償金に関係なく支払われますが、保険会社に自分で請求しないと、支払われない事多いので注意が必要です。

搭乗者傷害保険は、自分で保険会社に請求しなくてはならず、人身傷害補償保険の適用範囲とかぶっている事が多いので、付けないという人も多いです。

搭乗者損害保険では、死亡保険金や医療保険金、また後遺症保険が支払われ、これは、人身傷害補償と保険の内容がかぶっており、搭乗者損害保険よりも人身傷害補償を選ぶ傾向があるようです。

搭乗者傷害保険の適用範囲は、契約した車に乗っている、家族やドライバーも含めた全ての人で、保険料は契約した保険金額を定額で支払われる事になります。

ただし、家族が契約した車以外の車で事故にあった場合、搭乗者傷害保険は適用されません。

また、車を運転せず歩いていて、車と事故にあった場合も、搭乗者傷害封建は適用されません。

搭乗者傷害保険と人身傷害補償は、併用する内容が多いので、保険料に余裕がない場合は、片方だけでもいいでしょう。