自動車任意保険 110番

国内自動車保険会社

自動車任意保険の疑問

国内自動車保険会社は、外資系の保険会社に比べて保険料が割高になっていると一般的にいわれています。

国内自動車保険会社の保険料が高い理由は、代理店を通して保険のサービスを行う為、中間マージンが発生することが、代理店をもたない外資系自動車保険会社に比べて保険料が割高になってしまう理由です。

しかし、国内自動車保険会社は保険料が高い代わりに、補償以外のサービスが充実しているといわれています。

外資系自動車保険会社では、会社と顧客とのやりとりは、書面やメール、また電話になってしまい、意志の疎通が難しいいという事があります。

国内自動車保険会社では、代理店を通すので、電話で伝わらない場合は、担当者に直接会って説明して貰う事も可能です。

また、保険を適用しないような事故の場合も、専任の担当者が応対してくれたり、示談交渉におけるアドバイスをしてもらえるメリットがあります。

一般的に保険会社は、無過失の事故の示談交渉に介入しませんが、国内の保険会社の場合は、サービスに力を入れているので、対応してくれる場合があります。

外資系保険会社は、インターネットや、書面に自分で保険の加入手続きをするので、ミスがおこりやすいです。国内の保険では、代理店が確認しながら契約するので、ミスが起きにくいです。

国内自動車保険会社は免許を取り立ての人や、多少保険料が高くても、安心したサービスを受けたい人に向いていると言えます。