自動車任意保険 110番

保険適用外の場合

自動車任意保険と交通事故

自動車任意保険が適用されない場合は、どんな時でしょうか。

他人の車を運転し、事故を起こしてしまった場合、自動車任意保険に自動的に付帯されている他車運転特約によって、保険が適用されることになります。

他車運転特約は、他人の車の場合に補償される特約なので、同居している親族の車や、別居の子どもが使用する車であっても、他人ではないんので、保険や特約が適用されません。

また、本人限定の自動車任意保険に入っていたとしても、他人が運転して事故を起こした場合、車を運転していなくても、契約者の保険から支払われる事になります。

但し、加入補償の全てが適用されるのではなく、対人賠償と対物賠償、また人身傷害や自損事故傷害、車両保険は、保険の適用対象外になります。通販では車両保険適用に制限がある場合もあります。

また、他車特約では、運転中に限っての補償がされるので、駐車中や停車中に起こった事故は、原則として自動車任意保険の対象外になります。

その為、停めてあった車が当て逃げなどされると、修理代は自分で払う必要があります。

また、自動車任意保険は、車を対象に掛けるものであって、運転手本人に掛けるものではないと認識している人もいますが、誤りです。

自賠責保険は、被害者のみが保険の対象ですが、自動車任意保険は車にも、人にも保険をかけることができ、自分で選択して保険に加入できるので、自分に最適な保険を選択しましょう。